医師にも専門分野がある

麻酔を担当する医師

麻酔医という医師について

医師には内科や外科などのそれぞれ専門とする分野があります。その中で麻酔医は、術前、術中、術後などに患者に麻酔を打つことで、手術をスムーズに行なうための仕事をしています。麻酔は知識を持った他の科の医師が打っても問題はないとされていますが、技術や知識、経験などは麻酔医の方が当然豊富であり、安全の点でも重視されているため、手術を行なう際には非常に重要な役割を持っています。麻酔は使う量などによっては、患者の生命に関わるものであり、全身麻酔などの場合、一時的に身体の機能を停止させることもあります。そのため、配分や見極める力量なども問われる分野だとされています。手術室においては、呼吸管理、循環管理、疼痛管理を任されており、患者の立場に立ち、容態などを見てくれます。手術中に患者に異変が起こった際には患者の代わりに警告をしてくれます。そういった意味でも、麻酔医は医師の中でも重要な役割を担った職業だと言えます。

医師,緩和

麻酔医の役割と重要性

医師といっても様々なであり、消化器外科医、循環器内科医、精神科医などとそれぞれの専門の科をもってそれぞれが仕事を行っています。最近ではドラマなどで麻酔医という存在を聞くことも出てきましたが、普段の生活をしているにはなかなかなじみのない分類に属すると思います。というのも、麻酔医とは普段クリニックや病院で外来を行い、前面に出て患者と接するような診療を行っていないからではないでしょうか。では何をしているかというと、主には手術室の中で手術の際の麻酔をかけているのです。人工呼吸器や鎮静剤、鎮痛剤を操って全身麻酔をかけたり、下半身の感覚をなくすような脊椎麻酔をかけたりしているのです。手術自体は外科医師が行うにしても、痛みをしっかり抑えた良い麻酔がされていないと、術中に患者が覚醒したり痛みで動いてしまったりと、いい手術は行うことができません。つまり、よい手術の土台にはよい麻酔医の存在が大前提となってくるのです。

↑PAGE TOP