医師が転科をする場合

医師の転科について

医師の転科は外科から内科

転科は医師にとって大きな転機となるタイミングです。一般的には医師は専門性が高い為、その科を極めていく傾向が強いです。しかし、となりの芝は青く見えるではありませんが、他の科がよく見えることはよくあります。転科は外科から内科というケースが多いという傾向にあります。逆に内科から外科というケースは少ないです。これは手術の有無が大きく影響しています。外科の場合手術に対してどうしても体力的な部分で厳しくなるようです。

医師,緩和

医師は転科を薦めてくれる

身体に何らかの異常を感じた場合、どの科にかかるかは個人差が大きいと思います。適切な診療科はどこなのかを判断するのは、患者側には難しいものです。医師に相談すれば、適切な診療科に転科することを薦めてくれます。医療の進歩は凄まじいスピードで進んでいます。医師の専門性も進んでいます。患者側からしてみれば、想像もつかなかったような診療科に転科した方が、とても良い結果につながることもあります。とにかく早く医療機関にかかり、適切な診療科を見つけましょう。

↑PAGE TOP