医師の当直は必要不可欠

医師の当直に関して

医師の当直は週に1回以上

医師の当直は民間病院で週に一回以上です。科別に当直医は必要で、そのほかに救急担当医、ICU担当医などそれぞれ必要です。担当医師が多い科では週に一度もしくは二週間に一度程度となるでしょうが、科によっては2人、3人体制の病院も少なくありませんので、その人数で夜間勤務もまわすこととなります。よって週に一度では済まない場合のあるのです。その際は他科と協力し(循環器内科と心臓血管外科と共同するなど)夜間の担当を併科で行うこともあります。

医師,緩和

当直の医師の働き方について

当直の医師の仕事内容については、各地の医療機関の対応によって、大きな差が出ることがあります。そこで、転職活動に臨むにあたり、無理なく働くことができる病院や診療所の特徴を理解することが重要です。また、当直のサポートが行き届いている医療機関の魅力に関しては、多くの求職者の間で話題となることがあります。そのため、早いうちに新人の医師に対する研修制度が用意されている医療機関を見つけることがとても効果的です。

↑PAGE TOP