医師として終末医療を行う

医師に出来ることとは

終末医療を本業とする医師

終末医療とは、病気をしている患者が今の医療では改善の見込みがなく、経過を見守ることしかできなくなった状態をいい、その患者の希望に添える最期を迎えるようにサポートする医師がいます。その病気の多くはガン患者です。終末期の患者は、終末期専用患者の入院できる施設もあれば、住み慣れた自宅で生活することができます。入院施設は何かあればすぐに処置ができるし、家族の介護も軽減されます。自宅での生活は、何かあればサポート者が駆けつける時間を必要としますが、心休まる自宅で家族と一緒に時間を過ごせる利点があります。

医師,緩和

終末医療の医師の関わり方

終末医療が今注目されています。死が目の前に来ても最後の一瞬までなるべくなら穏やかに過ごしたい。それが可能になるなら死を恐れる人が少なくなるに違いありません。最後の時を自分らしく生きたい。そう考える人も多いでしょう。医師はただ命の延命をするだけでなく、患者や家族の思いをしっかり聞き、大切な最期の時間を自分の居たい場所で過ごしたり、点滴だけの生かされる治療ではなく、最後まで口から物を食べられるなど、患者の気持ちに寄り添う終末期医療であってほしいと願うばかりです。

↑PAGE TOP