医師の休日の過ごし方

医師に休日はあるのか

医師の年間休日はどれくらい

医師の仕事といえば、人の命を預かる重要でやりがいがあり、高い給料をもらえるというイメージですが、休みはどれくらいあるのでしょうか。勤務医と開業医では大きな差があり、開業医であれば休診日にした日は休みですが、勤務医の場合は急患や病院からの呼び出しなどで休みがとれず、月に2,3日休みがあればいい方という方もいます。その場合、年間休日は50日もないということになります。こうした理由から、最近は勤務医の不足が大きな問題となっています。

医師,緩和

医師にとっての休日について

医師は、定期的に休日をとり、その中で自身の心身両面における状態を整えた上で業務に復帰することを心掛けています。患者のことを考えれば、刻一刻と変化する症状に合わせて専従することが理想ではありますが、一旦体を休ませて、常にベストコンディションで臨むことが患者に対する礼儀でもあります。不在中は、他のスタッフに申し送りをおこなうと同時に、緊急を要する事態の発生を想定して連絡体制を整えておくことを怠りません。

↑PAGE TOP