医師の患者との関係構築

医師として信頼される

医師と患者の信頼関係は大変重要

具合が悪くなって病院で診てもらうとき、医師と患者の信頼関係はとても大切です。病気の診断を下したり、症状によっては手術したりする必要も出てきます。そのような場合診てもらう側からすると、自分に合った処置方法なのか、手術なのかなどが気になります。信用できるお医者さんであれば、安心して指示に従ったり任せたりすることができ、病気も快方へ向かいやすくなります。病気を治すには、普段からお互いができるだけ意思疎通をはかり信用するという関係をつくるよう心がけることが大切です。

医師,緩和

患者と医師の関係は治療に影響

身体や心に何らかの不調を抱えている人が患者であり、その不調(病気やけが)を診断し治療する職業の人が医師ということになるでしょうが、私たちが医療機関を受診する時、国家試験に合格し免許のある専門家(お医者さん)なら誰でもいいかというと、いろいろなことを気にします。一般的に「うで」といわれる知識や技術に関すること、経験などがそうですが、その中でも信頼関係は大きな位置を占めています。例えば「この先生は私の辛さを分かってくれている」という安心感が気付かないうちに治療効果に大きくプラスに影響していることもあります。

↑PAGE TOP