医師の独立は大変なこと

医師が独立するには

勤務医師の独立の大変さ

医師が独立するのは大変です。とにかく、莫大な資金が必要で、簡単には独立に踏み切れません。それに加え、特に整形外科や内科、歯科などの科競争相手が多く、固定の患者さんを増やしていくのも簡単なことではありません。ですから、後継者がいない廃院になりそうな病院を引き継いで、開業医師になる場合も少なくないそうです。その場合だと、資金も一からやるよりは少なく、固定の患者さんを増やすのもまだみやすいとのことですよ。

医師,緩和

医師の独立の時期について

医師は免許をとると研修医としてキャリアを始めます。指導医の先輩に付き添い、患者さんと接していく、そして先輩と治療方針や経過観察の状況をカンファレンスします。いずれは独立しなければならないので、しっかり病気の説明ができるように症例報告の発表も多く任されます。2年から5年研修医を経てようやく独立します。一人前の医師として患者さんと向き合い、そしてご家族や本人と話し合い、治療について決定していきます。いろんな患者さんを見ます。

↑PAGE TOP