勤務医師の年収を知る

勤務医師の年収とは

勤務医師の年収はどうか

勤務医師には、大学病院に勤務する場合と、市民病院に勤務する場合の2種類があります。大学病院に勤務する場合の年収は、講師になれば700万円台、助教授ならば800万円台、教授ならば1000万円台と、段階的に上がってゆきます。市民病院に勤務する場合は、最初のうちは600~800万円であり、5~10年勤務すれば1000万円台、医科の長になれば1500万円を超え、院長になれば2000万円が目安となります。また、勤務医師の場合は、年収は勤務年数に比例することが多く、医科によって生じる違いは少ないです。

医師,緩和

医師の年収は良いのかどうか

医師の年収について考えたとき、大切になるのが勤務時間です。通常、大学病院などでは夜勤があり夜中まで働くこともあります。こう考えると医師の仕事は年収の割に激務だと思う人もいるかもしれません。ただ、多くの大学病院では夜勤は研修医やアルバイトのドクターを雇っており、昼夜問わず働いているということはありません。そのため、昼だけ働いている方がほとんどです。また20代で一千万稼ぐことができますので、やはり稼ぐことに関してはトップクラスの職業だといえます。

↑PAGE TOP