医師によるがん緩和ケア

医師にできるがんケア

がん緩和ケアへの医師の関わり方

がんにおける緩和ケアは、状況によってその内容・程度や割合を変えて行くべきものであると考えられます。比較的初期の段階で臓器を含めた組織の摘出・抗ガン剤投与等による治療効果が充分に期待出来る場合には、医師はまず治療に全力を注ぐ方針を取るのが一般的です。この場合は緩和ケアの内容は手術を伴う事による痛みや不安の緩和及び、精神面への対処が主柱となります。治療への注力度が高い事から、相対的にケアへの注力は低めとなります。一方、がんの転移等によって多発状態にあるようなケースでは、手術等の適用は寧ろ患者に多大な不便を強いたり余命を大きく縮めるといった事にもなり兼ねません。こういった場合には医師としては完治を目指す積極的な治療は行わないという方針を取るケースが多く、緩和ケアの方に全力を注ぐ事となります。こうした場合は痛みの緩和等については医学的対処を行ったりするものの、寧ろ生活環境の維持等がケアの主柱となる事から、専門の施設に託されるケースも多くなっています。

医師,緩和

がんの緩和ケアの重要性

近年の日本の死因の上位には常にがんが存在しています。そして様々な病院で医師による治療が行われています。中には治療に手遅れになってしまい、緩和ケアを受ける患者さんも多くいます。やはり早期発見早期治療が病態としては、もっとも大切であることは周知の事実となっていて、公共団体主催の検診なども広く行われるようになりました。しかし、がんは病態として進行性であり、治療後でも再発しうるとされています。つまり、がん患者さんはどこかで死と直面しなくてはならない時がくる可能性が高くあります。その時に痛みや排尿困難、食欲低下などといった身体的苦痛は医師によりある程度除去してあげることができるかもしれません。しかし、入院中などには毎日が同じ繰り返しとなることがおおく生活の潤いやQOLといった観点では低下してしまっていることは事実でしょう。その際に、医療者以外の家族や社会のつながりなどで精神的全人的にケアをする。そういった包括的な緩和ケアがこれから大切となってくるでしょう。

↑PAGE TOP